個人で病院・クリニックを
開業したいあなたへ
リスクを抑えた開業。
事業承継(M&A)でクリニックを開業しよう

M&Aオールは初めての開業でも、
安心できるようお手伝いをいたします

M&Aオールは初めての開業でも、安心できるようお手伝いをいたします

勤務医として働くなかで「独立し、開業医として今後の人生を歩む」という選択肢を考えたことはありますか?

実際に開業を決意したときに「一体どんな手続きをしたらよいのか?」「どこで開業しよう?」「開業にかかる費用はどのくらいだろうか?」とさまざまな疑問が浮かび、「どこから手を付けたらよいのだろうか……?」と足がすくむ思いをした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

開業医とは「経営者」になることです。
開業までの道のりも含めて、勤務医とは異なる知識を要する場面や不安がともなう場面も多くあるでしょう。しかし、大きなやりがいや達成感を得られるのは開業医という仕事の醍醐味です。

開業準備には思わぬ落とし穴が潜んでいることも多くあります。M&Aオールは、開業には向けて歩みはじめたあなたの負担を少しでも減らして、より理想的なクリニック経営をスタートさせるためにお手伝いいたします。

M&Aオールは初めての開業でも、安心できるようお手伝いをいたします

新着案件

  • NEW
    業種 : 先進医療クリニック 所在地 : 関東地方/概算売上 : 5億円
  • NEW
    業種 : 産婦人科クリニック 所在地 : 関西地方/概算売上 : 5億円
  • NEW
    業種 : 透析クリニック 所在地 : 関東地方/概算売上 : 3億円
  • 業種 : 小児科クリニック 所在地 : 近畿地方/概算売上 : 1億円
  • 業種 : 眼科クリニック 所在地 : 東北地方/概算売上 : 2億円
  • 業種 : 歯科クリニック 所在地 : 関東地方/概算売上 : 1億円
  • 業種 : 内科クリニック 所在地 : 関西地方/概算売上 : 3億円
  • 業種 : 美容クリニック 所在地 : 関東地方/概算売上 : 5億円

ゼロから開業するリスクとは……?

ゼロから開業するリスクとは……?

ゼロからクリニックを開業しようとした場合、開業する場所の選定から銀行の融資交渉、内装工事、医療機器の選定・導入、スタッフ募集と採用など……数多くのリサーチや交渉、契約関連をすべて対応しなければなりません。

また、事前のマーケティングリサーチを誤ると開業後に思わぬ問題に悩まされることもあります。

  • 立地が良い場所に開業!⇒近くに競合のクリニックがあり、予想以上に患者様が増えなかった……
  • 広々したクリニックを開業!⇒広い物件を借りる必要がないことに開業後に気づき、家賃負担が重たい……
  • 自己資金を多く開業費用に充てた!⇒経営が軌道に乗るまでの生活資金が足りなくなってしまった……

開業後に多くの患者様を獲得し、安定的な経営を行うまで時間がかかるため、ゼロからの開業は非常にリスクが高く、場合によっては厳しい経営状態が続く……といったこともあります。

そこでM&Aオールは、引退などを理由に第三者へのクリニックの譲渡をご検討されている院長先生から、クリニックを開業し独立したいとお考えの勤務医の先生へ、クリニックを継承するための架け橋となります!

クリニックを事業継承するメリット

クリニック開業「前」のメリットは……?!

POINT1 開業までの道のりが早い!

ゼロから開業をおこなう場合、開業まで6カ月以上の期間を要し、専門知識が必要な対応も非常に多く大変……。しかし、クリニックを事業承継することで、開業コストを大幅に削減することが可能になります。

開業までの道のりが早い!

POINT2 開業の初期費用が削減できる!

クリニックの内装が完成しているため、リフォーム費用が不要になることも多く、多額の費用がかかる医療機器等もそのまま引き継げるので、開業にかかる初期費用を大幅に削減できる可能性があります。

POINT3 譲渡元の先生が一定期間、経営をサポートも可能!

譲渡契約や引継ぎを行いながら一定期間、譲渡予定のクリニックで勤務医として働くことも可能です。また、譲渡契約後に一定期間、譲渡元の先生にクリニック運営のサポートや経営のアドバイスをしていただくことも可能なため、安心してクリニックを開業できます。

クリニック開業「後」のメリットは……?!

POINT1 開業当初から、安定経営ができる!

ゼロから開業の場合、これまでの実績もないため、経営の見通しが立ちにくいというデメリットがあります。継承開業の場合、当初から患者様の人数・売上・費用等が明確なので、安定的な経営を行うことが可能!

POINT2 開業当初から、固定の患者様がいる!

ゼロから開業した場合、クリニック開院の宣伝PRを行って患者様もゼロから集める必要があります。しかし、継承開業すると患者様も引き継げるため、ゼロから集客する必要がないというメリットがあります。

POINT3 環境を熟知したスタッフを引き継げる!

ゼロから開業した場合、初めての土地で、初めて一緒に働くスタッフとともにクリニックを運営していくのは大きな不安がともないます。継承開業するとそのクリニックで勤務されているスタッフの方々をそのまま引き継ぐことができます。患者様や職場環境・地域を熟知しているスタッフとともに働けるので、大きな安心感を得られます。

継承事例

独立し、クリニックを開業したいとご相談くださった勤務医の先生が、
実際にクリニックを承継した事例をご紹介いたします。

継承事例
買い手

勤務医として経験を積まれ、かねてより目標としていたクリニックの開業を決意。しかし、実際に開業するまでのハードルが高く、勤務医として働きながら開業するのが難しいことに気づき、一時断念するも、クリニックを承継する選択肢を知り、弊社にご相談いただきました。

売り手

クリニックを複数経営されている先生。ご家族に医者として勤務されている方もいらっしゃいますが、勤務医として働くことを希望しているため、第三者への承継をすることを決意されます。ご年齢的に数年以内の引退をご希望され、弊社にご相談くださいました。

概要

売り手買い手双方の意向は「カルテや経理面等の引継ぎをスムーズに行いたい」ことが大きなポイントでした。そのため、買い手の医師が一定期間、売り手のクリニックに勤務医として登録し、院内の情報を共有することで、スムーズなクリニック承継を可能としました。

勤務医として譲渡先のクリニックで働く際、通院中の患者様と顔を合わせることで、患者様も不安なお気持ちを抱くことが少なかったため、リピーター率の減少の心配もなくなりました。

現在の継承案件

現在のおすすめの継承案件を一部PICK UPしてご紹介いたします。

<東海エリア>
産婦人科クリニック

エリア
東海地方
病床数
10〜20床ほど
分娩数
年間400件以上
従業員数
50名
売上
約5億円 / 年
医療利益
黒字計上
譲渡理由
院長先生が引退をご決意されたため

院長先生が引退を希望しており、クリニックを承継してくださる先生をお探ししています。

駅から近いなど立地も良く、新規の患者様も多くいらっしゃいます。また、固定の患者様も多いため、経営は安定的です。 医療機器は数年前に一式入れ替えを行っているので、事業継承時の買い替えの心配はありません。

<関西〜山陰エリア>
小児科クリニック

エリア
関西〜山陰にかけて
売上
約2億円以内 / 年
売上営業利益(医療利益)
黒字計上
役員報酬
約5000万円以上
譲渡理由
高齢による事業承継

院長先生が引退を希望しており、クリニックを承継してくださる先生をお探しです。

現在の院長先生が継承開業を行い、約10年が経過したクリニックでございます。前院長の頃からの固定の患者様も一定数いらっしゃるため、経営も順調。また、継承時にリフォームを行っているので院内は非常に綺麗です。

<関西〜北陸エリア>
小児科クリニック

エリア
関西〜北陸にかけて
売上
約1億円 / 年
営業利益
黒字計上
役員報酬
約1500万円以上
従業員数
高齢による事業承継
譲渡理由
院長先生が引退をご決意されたため

院長先生がご高齢のため引退を希望しており、クリニックを承継してくださる先生をお探ししています。

ファミリー層も多い地域なので、固定・新規いずれの患者様も安定して獲得可能です。また、院内に病児保育室を併設しており、患者様が安心してご来院できる環境が整っています。

<東京エリア>
審美歯科クリニック

エリア
東京都内(とても良い立地です)
売上
機密保持契約書締結後に開示
譲渡理由
新規事業を開業のため売却を希望

院長先生が新規事業の開業を行うため、審美歯科クリニックを承継してくださる先生をお探しです。

長く通われている患者様も多く、経営も順調でいらっしゃいます。 また、都内の好立地にあるクリニックなので、新規の患者様も増加傾向で安定的な経営を行えます。