M&Aでの問題解決 ABOUT M&A

M&Aをして第3社に会社を譲るメリット 会社を売却するには

M&Aをして第3社に会社を譲るメリット1

企業がM&Aをした事で、新しいオーナーに承継される為<会社の命が存続>します。
さらに、先の事業発展が望める事、さらには社員の成長機会も確保できます。

M&Aをして、例えば会社が今よりも経営資源の豊富な企業の傘下に入ると次のようなメリットもあります。

今以上に販路の拡大が実現できたり、円滑で豊富な資金調達が叶う事でビジネスの基盤が強くなるので
企業体質の強化にもつながっていきます。

社員の立場からすると、分かりやすく給与体系が上がったり、働く環境が良くなっていくのを実感する方も多いと思います。
環境が改善されると仕事に前向きに取組み、個人の成長が、企業の成長機会へと繋がる点は大きなメリットです。

M&Aをして第3社に会社を譲るメリット2

創業者利潤の確保と個人保証が解除になります。

オーナー経営者が、創業者利潤を得る方法としてM&Aは非常に有効です。
創業者利潤を得る方法には、会社の売却をするM&A,株式公開をする、廃業や清算をする方法があります。

株式公開をする場合、日本国内で上場するのは年間数十社程度です。
内部の管理体制を整え、基軸になる利益があがるビジネスを成長させる事が優先され、
実際には実現率がとても低いです。

次に、廃業や清算をする方法があります。
その場合、資産の処分評価は低くなり、株主への配当が総合課税となるので税負担が重くなります。
不利な条件になります。

そこで、会社売却をするM&Aが有効になってきます。
資産評価が有利になり、税金も分離課税で税率が抑えられるので、オーナー様からは有利です。


さらに、会社が借りている金銭に対しての保証が外れ、担保を提供している場合も会社売却後に
解除ができるのでその点でも有利です。

表面上”社長のいすをゆずる”場合には、上記のようなメリットは得られませんが、M&Aを
利用することで多くの利潤が得られるのも事実です。

初めてM&Aを利用される方も多くいらっしゃいますが、M&Aオールでは、オーナー社長様が受け取るべき
当然の利潤なども丁寧にご説明させていただきますのでご安心ください。