M&Aでの問題解決 ABOUT M&A

M&Aは『会社を承継したいから』と言う理由で近年とても増えています。 会社を売却するには

M&Aは『会社を承継したいから』と言う理由で近年とても増えています。

国(中小企業庁)からも会社を承継する為のガイドラインを出しています。
詳細はこちらからPDF資料を見ることができます。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2017/170410shoukei.pdf

それほど、中小企業の会社譲渡や事業譲渡が益々増えていると言う事です。
今日は、<会社を誰かに譲りたい>と思う背景に迫ってみたいと思います。

2017年、中小企業を運営する社長の年齢が65歳以上である割合が約4割を占めています。
今後、多くの経営者が事業承継を迎えると予測されています。

経営者が引退する時期に、ご子息やお嬢様のような親族や、働いてくれている社員に会社を託すことが難しい場合があります。
その場合には、会社や事業を「第三者にゆずる事」になります。

会社を譲る際に【M&Aオール】などのM&A仲介のプロを利用して、初めてのM&Aを行う事になります。

引退が近い経営者の関心ごと(まとめ)
・事業を継続したいが、誰にどのように承継しようか?
・事業承継に係るお金について知りたい。
・社員の雇用は守られるか?
・取引先との関係維持が今まで通り保てるだろうか?
・家族への相続問題は大丈夫だろうか…


では、会社や事業を誰かに承継する事でどのような事が起こり、はたまた会社を継続せずに
廃業してしまうとどのようなことが起こるのか見ていきましょう。