M&Aでの問題解決 ABOUT M&A

株式譲渡 M&Aの手法とは

株式譲渡

株式譲渡とは、 売り手企業の保有株式を買い手企業に譲渡することです。
株式の移管により、会社の経営権を買い手に譲り渡します。

株式譲渡のメリット・デメリット
メリット
・M&Aの手続がシンプル
・会社が保有して資産も契約もそのまま引き継ぐことができる
・譲渡益に対しての税率が低い

デメリット
・買収する会社の不要な資産も引き継ぐ
・簿外債務などがある場合に引き継がなければならない
・買収企業の財務内容が優秀な場合に、連結財務諸表上のれん代については、損金として参入ができない

株式譲渡における税務について
売却する株主の税務

譲渡人が個人の場合・・株主が個人の場合、株を保有していた個人に税金が課税されます
株式等に係る課税譲渡所得額(※)×20%(所得税15%+地方税5%)
※株式等の譲渡にかかる収入金額-(株式等の取得費+譲渡費用+借入金利子等)
譲渡人が法人の税務
株式譲渡し、譲渡益を計上した場合、他の益金と同様に益金算入する。
※株式譲渡において、役員退職金の支給や事前の配当を実施するケースがあります。株式譲渡の税務知識以外に、関係する税務知識についても確認が必要です。