M&Aでの問題解決 ABOUT M&A

第三者割当増資 M&Aの手法とは

新株引受

第三者割当増資とは、売り手企業が新たに株式を発行し、買い手企業に引き受けてもらう方法です。
買い手企業の出資比率により関係性は様々です。
第三者割当増資は、既存の株主と買収企業の株主が共に経営をしていくスタイルです。
株式譲渡のように株の取得ですが、100%の完全買収ではありません。

第三者割当増資のメリット・デメリット
買い手企業の場合
メリット

・M&Aの手続がシンプル。早く実行可能
・売り手企業に欠損金がある場合、買い手企業から生じる利益に対して有効利用でき、節税メリットとなる
・将来的に、再売却をする際に手続しやすい
デメリット
・買収資金の調達が必須
・買収価額ののれん相当額について、のれん償却の節税メリットはない

売り手企業の場合
メリット

・M&Aの手続が簡単で早い。
・会社の信用力が増し、資金調達や次の事業展開に発展性を持つことができる
・資金調達と、M&Aが同時に実現できる

デメリット
・完全売却を理想とする企業には向いていません
・売り手側の株主には現金として手にすることはできない