M&Aでの問題解決 ABOUT M&A

事業の一部譲渡のメリット 会社を売却するには

事業の一部譲渡のメリット

次に、会社丸ごと譲渡ではなく、事業の一部を譲渡する場合のメリットについてみていきましょう。

M&Aの中には、会社ごとではなく、会社に属している一部の事業を譲渡する場合も良くあります。

事業譲渡をすることで、<会社が優先して行う事業への集中化>が実現します。
事業の選択と集中を行うことは、経営においては重要な判断事項の一つです。

日本市場の縮小化や高齢化を受けて、海外市場への進出が得意な会社へ一部事業を譲り、
自身は市場縮小の影響が少ないような事業を継続して行う…

新規事業として新しい分野で勝負をしようと計画していたが、市場の急激な変化についていけずに、
元来の得意分野の事業で勝負する事にした…

など、事業の選択と集中には様々なご事情もあります。


年齢を理由にご勇退する経営者の場合には、メイン事業をM&Aし、自身は会社が所有している不動産管理のみ行い、
空いた時間で趣味や旅行を楽しむと言う方もいらっしゃいます。

自身の状況に併せてどのようなM&Aの手法が最適であるかは、M&Aオールのスタッフからもご提案させて頂きます。


さらに、オーナー様が進める上で情報の取り扱いが非常にポイントになります。
併せて次の事項もじっくりご確認をお願いしています。