ご相談の流れ FLOW OF CONTRACT

M&A仲介について、成約までの流れをご紹介します。
M&Aallではご相談から成約まで、
プロのM&Aコンサルタントと共に進めます。

会社を引き受けたいお相手を探す時には、
譲渡希望の経営者様のご意向をお聞きし、
その上で弊社が管理している『M&A情報データベース』を軸に活用し、
お相手候補を探します。

M&Aの成立までは、事業規模の大小に関わりなく、短くても3ヶ月、長い場合には数年かかります。進める過程で数多くの調整事項が発生します。成約までには、数十回の訪問や情報交換や進捗確認など多くのやり取りを重ねます。以下からサービスの流れをご確認いただけます。

1. M&A(株式・事業売却)をするか 検討する

個別相談
事業および経営課題についてお聞かせください。また、M&Aについて基本的なご説明をします。
機密保持契約書締結
会社情報を取扱う上で、機密保持契約書を締結します。
業務委託契約書締結
M&Aオールに対しM&A仲介業務の業務委託の契約書を締結します。

2.案件化

資料収集
決算書3期分、税務関係書類、登記簿、会社案内、認可書、不動産登記簿、銀行借入れ・リース・連帯保証明細など契約書関係の書類一式。
キャッシュフロー表、仕入れ内訳、取引先内訳、就業規定や退職金規定などが分かる人事や労務に関わる資料も必要になります。
企業価値評価
コンサルタントは、収集した資料を分析し、オーナー様にインタビューをし企業評価・事業評価を行います。
事業分析・業界調査
コンサルタントは、収集した資料をもとに、事業分析や業界状況を調査します。
ノンネームシート・概要書作成
概要書は、買い手候補企業に譲渡企業の内容を理解してもらい、さらに買収対象としての価値や魅力を表現する役割があります。

3.マッチング

買い手候補のリスト化
案件化された情報をもとに、コンサルタントは買い手企業に最良の相手をリスト化します。
M&Aオールでは、案件化情報を社内のコンサルタントおよび営業スタッフに展開し、買い手候補となるリストを作成します。
業界特化型のM&A仲介支援を行うM&Aオールでは、各業界ごとの買収希望や買収計画などのデータを日々更新し保管している為スムーズに確度の高いリストのご提案が可能です。
提案先候補の選定
買い手候補がリスト化された後に、譲渡側と買い手候補にとってメリットがありそうな企業に絞り込みをかけていきます。
(絞り込みの段階では、譲渡企業とご相談しライバル会社はリストから外す、シナジーがありそうな会社に交渉の優先順位をつける等します)

4. 買い手候補提案

ノンネームでの打診
譲受企業候補に対して、譲渡先企業の社名が特定されない程度の資料を提示し、譲渡に向けての感触を探ります。
機密保持契約の締結
M&Aオールと譲受企業候補の2社間で、機密保持契約書を締結します。
M&Aは機密保持で始まり機密保持に終わると言われるように、買い手企業で検討を行うのは経営陣や経営企画担当者など、社内でも特定の限られた方が行います。
概要書に基づく検討
社名を明かした企業概要書をもとに検討を開始します。
業務委託契約書の締結
M&Aオールと譲受企業候補が、業務委託契約書を締結します。
具体的な資料に基づく検討
個別に詳細資料を開示しM&Aの検討に入ります。

5. 交渉

トップ面談・現地視察
譲渡希望企業と、買い手候補企業の社長同士のトップ面談、および現地視察を行います。
2社間の相性をはかる最初のお見合いのようなものです。
トップ面談は、次のような流れです。(面談前には、M&Aオールのコンサルタントと社長と共に打合せを行います)
  ①自己紹介
  ②M&Aを決断した理由とその背景
  ③本件に興味をもった理由
  ④質疑応答
価格などの条件交渉
株価(事業譲渡の場合はのれん代)、譲渡価格、譲渡後の経営体制、社員処遇などの条件面の交渉を行います。
この際に、買い手候補企業より、譲受希望企業のより詳細な資料の提出を求められます。
基本合意書締結
双方が合意した内容を盛り込み基本合意契約書を締結します。
業務委託契約書の締結
M&Aオールと譲受企業候補が、業務委託契約書を締結します。
仲介手数料の一部の支払い
基本合意締結と同時に、M&Aオールに対して仲介手数料の一部をお支払いいただきます。
※金額に関しては、業務委託契約書に明記しています
買収監査
財務、法務、ビジネスなどの側面から監査を行います。
最終条件の調整
基本合意締結までに十分な情報を開示いただいている状態ですが、
買収監査ではより広範囲でかつ詳細に行うため、時になんらか論点が浮上した場合に、最終的な条件交渉をします。

6. クロージング 最終契約の締結

※会社譲渡の場合、事業譲渡時に順番が異なりますのでご了承ください。

最終契約
条件が整うと、双方が納得した上で最終契約書を締結します。さらに、株式や事業の譲渡と、対価の支払いを行います。
クロージング(対価授受)
株式や事業の譲渡と、対価のお支払いを行います。
仲介手数料の残金支払い
クロージング時には、M&Aオールに対して仲介手数料の支払いを行います。
ディスクロージャー
社員や取引先などにむけて情報開示を行います。 今回のM&Aをした背景やその意義を社員などに伝えます。会社と社員にとって未来につながる発展的な選択であることを正しく伝えます。

M&Aの成立までは、事業規模の大小に関わりなく、短くても3ヶ月、長い場合には数年かかります。進める過程で数多くの調整事項が発生ます。成約までには、数十回の訪問や情報交換や進捗確認など多くのやり取りを重ねます。以下からサービスの流れをご確認いただけます。

1.受託

個別相談
事業および経営課題についてお聞かせください。また、M&Aについて基本的なご説明をします。
機密保持契約書締結
会社情報を取扱う上で、機密保持契約書を締結します。
業務委託契約書締結
M&Aオールに対しM&A仲介業務の業務委託の契約書を締結します。

2. 案件提案

ノンネームでの打診
譲受企業候補に対して、譲渡先企業の社名が特定されない程度の資料を提示し、譲渡に向けての感触を探ります。
機密保持契約の締結
M&Aオールと譲受企業候補の2社間で、機密保持契約書を締結します。
M&Aは機密保持で始まり機密保持に終わると言われるように、買い手企業で検討を行うのは経営陣や経営企画担当者など、社内でも特定の限られた方が行います。
概要書に基づく検討
社名を明かした企業概要書をもとに検討を開始します。
業務委託契約書の締結
M&Aオールと譲受企業候補が、業務委託契約書を締結します。
具体的な資料に基づく検討
個別に詳細資料を開示しM&Aの検討に入ります。

3. 交渉

トップ面談・現地視察
譲渡希望企業と、買い手候補企業の社長同士のトップ面談、および現地視察を行います。
2社間の相性をはかる最初のお見合いのようなものです。
トップ面談の最初には、次のような流れです。(面談前には、M&Aオールのコンサルタントと社長と共に打合せを行います)
  ①自己紹介
  ②M&Aを決断した理由とその背景
  ③本件に興味をもった理由
  ④質疑応答
価格などの条件交渉
株価(事業譲渡の場合はのれん代)、譲渡価格、譲渡後の経営体制、社員処遇などの条件面の交渉を行います。
この際に、買い手候補企業より、譲受希望企業のより詳細な資料の提出を求められます。
基本合意書締結
双方が合意した内容を盛り込み基本合意契約書を締結します。
仲介手数料の一部の支払い
基本合意締結と同時に、M&Aオールに対して仲介手数料の一部をお支払いいただきます。
※金額に関しては、業務委託契約書に明記しています
買収監査
財務、法務、ビジネスなどの側面から監査を行います。
最終条件の調整
基本合意締結までに十分な情報を開示いただいている状態ですが、
買収監査ではより広範囲でかつ詳細に行うため、時になんらか論点が浮上した場合に、最終的な条件交渉をします。

4. クロージング 最終契約の締結

※会社譲渡の場合、事業譲渡時に順番が異なりますのでご了承ください。

最終契約
条件が整うと、双方が納得した上で最終契約書を締結します。さらに、株式や事業の譲渡と、対価の支払いを行います。
クロージング(対価授受)
株式や事業の譲渡と、対価のお支払いを行います。
仲介手数料の残金支払い
クロージング時には、M&Aオールに対して仲介手数料の支払いを行います。
ディスクロージャー
社員や取引先などにむけて情報開示を行います。 今回のM&Aをした背景やその意義を社員などに伝えます。会社と社員にとって未来につながる発展的な選択であることを正しく伝えます。