M&Aでの問題解決 ABOUT M&A

今後のM&Aは、ますます増加 M&Aの基礎知識

1.募集しても人が採れない…働き手を確保するために

生産人口(15歳~64歳)は年々減少しています。生産人口の減少に伴いどの業種や企業においても人材不足に陥ることになります。
現に運送業や建設業などではすでに人材不足と言われています。
中小企業において人材不足は経営難に直結し、人材不足が原因で第三者へ経営権を譲渡する中小企業が増加。他方、大手企業は人手不足を補う為にM&Aで人手確保を行うことが増加すると予測されます。

2.業界の寡占化を進めるために

大手企業が市場シェア拡大をするために、M&Aが活用したことでM&Aの件数が急増しています。ブライダル業界では、トップ企業でも市場シェアがまだ低く、シェア拡大の余地が存分にあることが要因です。
シェアの拡大がそのまま売り上げに直結するのは特に魅力的です。他の業界においても、今後寡占化が進む業界ではM&Aが頻繁に行われることが予想されます。

3.エグジットとして

米国において、企業の出口としてM&Aが用いられることが圧倒的に多いです。日本のベンチャー企業でもM&Aを用いる企業が増えています。
ベンチャー企業の場合は、一般的な企業価値を大きく上回る金額で売却が成立する事例もあります。今後は、エグジットとしてM&Aが増加すると予測しています。